クレジットカードの審査基準1

クレジットカードを発行するには、審査に通る必要があります。

スポンサードリンク

年齢は、18歳以上(高校生不可)と基本的にはなっており、クレジットカードの中には、高校生でない場合でも未成年は親の同意を要するというというものもあります。

同意は、書類を親に書いてもらうようなものではなく、保証人のような感じではありません。

消費者金融などの発行クレジットカードは、原則として20歳以上でないと、資格を得ることができません。

民法4条に、単独で未成年者がした契約に関して、取り消しが有効とされているからです。

貸し倒れという、クレジットカード会社が貸してから、返済ができないというリスクを抑えるためのようです。

クレジットカード発行の年齢の上限は、ほとんどが65〜70歳としているようです。

勤続年数は、最低ラインを1年以上としている会社がほとんどです。

勤務して間もない時期にクレジットカードを作ろうとしても、通らない可能性があります。

勤続年数1年以上が適用されない場合とは、新社会人向けに作られているクレジットカードの場合、以前から学生カードを利用している方が社会人になった場合などがあげられます。

勤務先や職業の評価が高い順は、弁護士・医者(独占事業)、公務員、会社員、自営業、自由業(芸能人や芸術家などといった人で、著名であるほど高い評価)、派遣社員、パート・アルバイト、主婦、学生となっています。

収入のない学生や主婦は、審査対象が親権者や配偶者となり、連帯保証人が必要なこともあります。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

灯油も安い出光のクレジットカード
出光カードまいどプラスは、ガソリンスタンドの出光のクレジットカードです。 自動車......
世界で高い信頼度のシティカード
シティカードは、クレジットカードの中でも国内ではあまり知られていないかもしれませ......
女性特融の補償つきJCBリンダ
JCB LINDAは、クレジットカードの中でも特に女性をターゲットにしたタイプで......
ブラックリストの有無と詳細
クレジットカードで耳にする言葉に、ブラックリストというものがあります。 ブラック......
初心者のクレジットカード選び
クレジットカードを初めて作ろうと決意したときに、種類がたくさんあり過ぎてびっくり......
クレジットカードのシステムと種類
クレジットカードは、近頃では気楽に作れるようになっているので、所有しているという......
クレジットカード発行時の審査
クレジットカードは後で支払いをするシステムですから、発行の際に審査が行われます。......
クレジットカードの審査基準2
クレジットカードに入会するには、審査を受けて通らなければなりません。 居住年数の......
クレジットカードの支払の種類
クレジットカードには、いろいろな支払い方法が設けられています。 金利が発生するタ......

▲このページのトップへ