ブラックリストの有無と詳細

クレジットカードで耳にする言葉に、ブラックリストというものがあります。

スポンサードリンク

ブラックリストに載ってしまったから、借金が不可能になったなどという話がありますが、ブラックリストは実在するのでしょうか。

ブラックリストという名称のリストは、ないということです。

借金を、いつ・どこから・いくらという内容と、完済日のデータは残されています。

クレジットカードを発行する際に、このデータによって審査が通らないということが起こります。

個人信用情報というもので、信用情報から借金が可能になるか、クレジットカードが発行されるかが分かれます。

返済が遅れたことがあったり、支障が発生したことがあれば、個人信用情報にそのデータが加わることになります。

事故情報と、この支障の内容は呼ばれているそうです。

事故情報は、ブラックリストと同じような意味になるでしょう。

日数は、61日以上のクレジットカードの返済延滞に対して、事故とみなされます。

事故情報は、一般的に5年以内に消去されるということですから、一生残されるものではありません。

民事再生や自己破産のケースでは、5〜7年ということです。

情報は、自分で取り寄せて知ることができるそうなので、クレジットカードの発行の際など、どうしても気になる方は調べるという手段もありますね。

本人の承諾が必要となる個人情報ですから、第三者が自由に見ることは不可能ですし、就職に不利にもなりません。

クレジットカードが発行できなくても、口座残高から支払い可能なデビットカードは作れます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

灯油も安い出光のクレジットカード
出光カードまいどプラスは、ガソリンスタンドの出光のクレジットカードです。 自動車......
世界で高い信頼度のシティカード
シティカードは、クレジットカードの中でも国内ではあまり知られていないかもしれませ......
女性特融の補償つきJCBリンダ
JCB LINDAは、クレジットカードの中でも特に女性をターゲットにしたタイプで......
初心者のクレジットカード選び
クレジットカードを初めて作ろうと決意したときに、種類がたくさんあり過ぎてびっくり......
クレジットカードのシステムと種類
クレジットカードは、近頃では気楽に作れるようになっているので、所有しているという......
クレジットカード発行時の審査
クレジットカードは後で支払いをするシステムですから、発行の際に審査が行われます。......
クレジットカードの審査基準1
クレジットカードを発行するには、審査に通る必要があります。 年齢は、18歳以上(......
クレジットカードの審査基準2
クレジットカードに入会するには、審査を受けて通らなければなりません。 居住年数の......
クレジットカードの支払の種類
クレジットカードには、いろいろな支払い方法が設けられています。 金利が発生するタ......

▲このページのトップへ